気ままに生きます

人生いろいろ

映画 「パーフェクト・レボリューション」感想

f:id:pccityboy:20171018000514j:image

 

この映画のメッセージを全て受け入れることは自分にとって少し難しいというか辛かった。

僕の妹は重度の身体障害を抱えており、言葉を話すことも自由に身体を動かすこともできない。
そしてそういった事実を人前で積極的に話すどころか家族構成を聞かれても曖昧に交わしていた。

それは何故かというと、世間一般の障害者に対して思うところがクマピーの親戚がぶち撒けたあの容赦のない言葉に全て集約されているからである。
もちろんあんな侮蔑的な言葉を人前、ましてや障害者の前で言うことはないが、心の底では多かれ少なかれ障害者に対して皆偏見やそして気遣いという名の差別を持っている。
そして、それは身体障害者の妹がいる自分にも当てはまる。

この映画は障害者にも性欲があるんだという所を入口として、本質的な部分では障害者自身が抱える心の葛藤や障害者に対して周囲の人達は何を思っているかというパーソナリティーな面を描いている。
だからこそクラブでクマピーが電動車椅子で若者集団と踊るシーンであったり、ミツに妻を殺されかけた恵理の夫がクマピーとミツの接触を幇助するようなシーンは嘘くさく見えてしまった。
というかそもそも障害者がクラブに来てああいう感じになるのだろうか、とは思った。所々にチープでそんなバカな、という場面が散りばめられているが、ただ逆にそれが奏功しているのかもしれない。
自分はこの映画を観て逆に障害者の人が何を思うか気になる。
障害というテーマに深く切り込んだ映画ではあるが結末はあやふやで後はご想像にお任せという展開。でも概ね好きですよ。お涙頂戴映画でもないですしね。

 

結局はクマピーの人柄で成り立っている関係性なんだと思ったし、彼は本当に強い人だと感じた。そしてこのような役はリリーフランキーにしかできないと思う。

 

 

清野菜名超かわいいです。笑顔がかわいいです。

松屋

僕は週3ペースで松屋に行くので、自分なりに松屋に対して求める理想や自分自身のこだわりがあります。

まず僕は松屋に行ってもネギ玉牛丼大盛以外のメニューを注文しません。かれこれ200回は松屋に行ったと思うのですが、ネギ玉牛丼以外を注文したのが5回くらいしかないと思います。

特にめちゃくちゃ美味いというわけでもないんですが、なぜか券売機の前に行くと買ってしまいます。

そして、松屋に行く時間帯ですが、これはほとんど21時以降です。夜も遅くなってきた頃のガラガラな店内や負け組やはみ出し者で溢れた哀愁の漂う雰囲気が好きです。

ですので、松屋が人で賑わったり、私語が多くざわざわしている状態は僕にとっては好ましくないのです。

 

今日も僕の黄金松屋タイム、22時半頃に松屋に向かいました。するとまあなんと店内はほとんど満席ではありませんか。実家の最寄りや大学付近で食べていたあの頃の松屋はもういません。ここは東京なのです。そんな人でごった返した店内とは対照的に店員は2、3名。せわしなく店員が働いている中で、虫か髪の毛か何かの異物がサラダに入っていたらしくブチ切れている客がいました。

もう少しゆっくり食べたかったのですが今日は居心地が悪かったので速攻で食べて帰りました。

というお話です。

自意識

SNSに自分の顔写真をあげる人ってすごいですね。アイコンが自分の顔とか正気の沙汰ではない。自意識ですね。自意識過剰ですね、僕が。

何度がSNSで自分の顔が写った写真をあげたことがあるんですが、自意識メーターが高い時は出来るんですけど、冷静な状態になると恥ずかしくて出来なくなるんですよね。自意識ですね。

どうでもいいけど

どうでもいいけど野党って何にも政策とか第1党になったら実現したいことが固まってないよな

 

ただ安倍政権を引き摺り下ろしたいだけ

不満を言うなんて誰でもできるしおれだってできるわ

その先に自分達が安倍政権を超えられるような確証めいたものを呈示してみろよ

 

国民の生活を豊かにすることが目的ではなく、とりあえず政権交代することが目的に見える

力のある人を見境なしに引き入れた先に何があると言うのか

どうせカネの問題なんて誰が政権持とうが不祥事なんてあるし

今更 #私を構成する9枚 を選んでみる

大昔に #私を構成する9枚 という自分が影響を受けたアルバムを9枚選ぶというハッシュタグSNSで流行ってました。

今回はそれを今更何周遅れなんだという話ですが選定してみました。

 

f:id:pccityboy:20170924014046j:image

左上から、

夜になったら/Hump Back

ワンルーム叙事詩/amazarashi

新呼吸/Base Ball Bear

kikUUiki/サカナクション

ライフアルバム/いきものがかり

死ぬまで一生愛されてると思ってたよ/クリープハイプ

orbital period/BUMP OF CHICKEN

青春の象徴 恋のすべて/The SALOVERS

DOPPEL/KANA-BOON

です。

 

基本的にベストアルバムは省いています。

選定基準はいくつかありますが、アルバム内のほとんどの曲が気に入っているというのもあります。

アジカン、ラッド、チャット、フジファ、9mm、高橋優、宇多田ヒカルとか結構悩みましたがこんな感じです。

 

全体的にニワカっぽいですね。

よく聴いた時期としては、

中高:いきもの、BUMP

受験期:amazarashi、サカナクションベボベ

大学:クリープ、カナブーン、サラバーズ

社会人:Hump Back

です。

 

詳細はいつか気が向いたら書きます。

1000万円

1000万円貯まったら自殺したいです

1番楽しいと言われている20代でこのレベルなのでもう無駄に生き永らえる理由はないのです

それでも親や兄弟にはお金を残したいので1000万円貯めるまでは生きようと思います

常にネガティブで、斜に構えていて、人をネガティブな気持ちにさせる人間ですし迷惑だと思います

この偏屈な性格も今後良くなる事はないですし

人知れず人の記憶から最初からいなかったような形で消え去りたい

同情や心配などして欲しくなくて跡形もなく消え去りたい