気ままに生きます

人生いろいろ

東京カレー おすすめ 10選

あれは、そう2015年のこと…

過去の自分はカレーなんて普通家で食べるものでしょう?わざわざ食べに行く必要ある?とか思ってました。ところが適当にTwitterを見ていた時にガリガリガリクソンが呟いていた、ボタニカリーという本町にあるお店のカレーがとてもとても美味しいそうに見えて、、、それが事の発端でした。

あれから色々あって今は東京在住になりましたがカレーラヴは変わらないどころか日々加速するばかり。そんな僕が地道に練り歩いた結果、これは本当においしい、店長さんこの世にいてくれてありがとう、幸せな時間をありがとうと思ったお店を誠に勝手ながら紹介させていただきます。

 

1.Mikazuki Curry Samurai/下北沢

f:id:pccityboy:20181014023118j:image
f:id:pccityboy:20181014023122j:image

f:id:pccityboy:20181015004354j:image

 

野菜たっぷりのチキンカレーです。

2枚目は期間限定だったような。。

とにかく野菜が多い!ここまでたくさん入れてくれる店はないです。

一口サイズなので食べるごとに違う味を楽しめます。

そしてここに行ったら牛すじをトッピングすることをおすすめします。

個人的に世のすべての牛すじは美味しいものだと認識してますが、その中でもここのは0歳児でも食べられそうなくらいホロホロです。

 

 

2.curry&spice 青い鳥/幡ヶ谷

f:id:pccityboy:20181014220644j:image
f:id:pccityboy:20181014220647j:image

2枚目の方が最近です。1枚目のスタイルでの提供は今はやっていないのかも。

スリランカカレーのお店で、なかでも海老のココナッツカレーが他店ではあまり味わえない味でオススメです。

甘さの中にも海老の旨味が溶け込んでいておいしいです。

 

3.サンラサー/東新宿

f:id:pccityboy:20181014221640j:image

平日の昼しかやっておらずかつ閉店ギリギリに行くと売り切れメニューがあるという人気店。写真のメニューは山椒キーマカレーで、スパイスもさながら山椒の辛味も効いていました。

 

4.旧ヤム邸 シモキタ荘/下北沢

f:id:pccityboy:20181014222142j:image

大阪に3店舗構え、関西カレーファンなら誰もが知る旧ヤム邸がついに2017年に東京にも進出。その一報を聞いて僕もすぐさま駆けつけました。

定期的に変わるキーマカレーを3種提供しており、もちろん全がけを注文。メニュー名が超絶長くて全く頭に入ってこないのですがとりあえずめちゃくちゃ美味い。長篠の戦いの鉄砲三段撃ちの比ではないほど次々と押し寄せる旨味の嵐。そして最後はセットで付いてくるスープカレーをライスの上にかけて食べれば無事大団円。ルーの多さに対してライスが少ないので、いつもライスを多めに食べちゃう!と言う人はライス大を頼むことをオススメします。

 

5.スパイスカレー青藍/高円寺

f:id:pccityboy:20181014223600j:image

高円寺の商店街の1番奥に一見素通りしてしまいそうな昔ながらの喫茶店のような佇まいであるのがここ。ポークジンジャーキーマカレー、チキンカレーの2種類あって平日はチキンカレーのみの提供です。ちなみに写真はチキンカレーです。カウンター越しに調理風景がしっかり見えてライブ感があります。味としてはこの味嫌いな人いるかな?というスパイスカレーと家カレーの中間みたいな万人が好む味だと思います。

 

6.シバカリーワラ/三軒茶屋

f:id:pccityboy:20181015004641j:image

ワラとはヒンディー語で〜屋という意味のようです。カレーももちろんなんですが真ん中のキャベツのアチャールがおいしいです。というか全てが美味すぎるので頭の中での食レポコーナーが終わらないうちに食べきってしまう、そんなカレーです。

 

7.Cumin/参宮橋

f:id:pccityboy:20181017095140j:image

参宮橋駅近くの住宅街に囲まれた場所にひっそりと佇むお店。最近は1ヶ月のうち、少ない月であれば2日ほどしか空いてる日がない、大変行くのが難しいお店なんですが、これがまた美味しいんですよ。野菜とカレー、なんで合うんでしょう。全部をかき混ぜて食べるのも良し、1つずつ味わうのも良し…さらにヨーグルトも甘すぎずでもう食べるのがもったいないくらい。

 

8.アンドビール/高円寺

f:id:pccityboy:20181020023931j:image

大切なことはアンドビールが教えてくれた。クラフトビールとカレー、なんて素晴らしい組み合わせなんでしょう。晴れた日には日差しが差し込み、僕の好きなタイプの邦ロック、くるりストレイテナー東京事変が流れている。余りにも心地良すぎる。ここに来るといつも時間が止まってほしいと思います。早めに行かないと売り切れちゃいますので訪問の際は計画的に。

 

9.カレーノトリコ/神田

f:id:pccityboy:20181020024315j:image

こないだまでは秋葉原にあったんですが、現在は神田に移転してるみたいです。あいがけを注文することを強くおすすめします!カレーって、味、香り、色をつけるスパイスがあってそれぞれが有機的に絡むと美味しい一皿になると思うんですが、ここはその3つ全てが素晴らしい。

 

10.kitchen and Curry/新代田

f:id:pccityboy:20181020024637j:image

流しのカレー屋さん。ここも週2くらいでしか空いていないので調べて行ったほうがいいです。この日は冬瓜とオクラのカレーと豚バラ軟骨カレーだったはず。カレーと冬瓜って合うのかなと思いきや、冬瓜の甘みが効いててかなり良かったです。お皿も店内の雰囲気も可愛かったです。

 

その他にもここには紹介しきれないくらい名店があります!そしてみなさんも僕に情報共有を何卒よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

BAYCAMP2018 に行ってきました

f:id:pccityboy:20180908211630j:image

 

8月末のHump Backのワンマンライブに行く予定だったんですが、仕事の予定で突然行けなくなったのでむしゃくしゃしていたところ、ちょうどBAYCAMPのチケットがまだ一般で残っていたので行ってきました。

 

とりあえず当日の朝はせっかく神奈川の川崎まで遠出するということもあり、付近の大森の有名ラーメン店に行っていたら想像以上に時間を取られてしまったので途中参加になりました。

 

f:id:pccityboy:20180908211848j:image

 

イベント自体は12:00〜翌日05:30まで行われるあまりにも長過ぎるスケジュールでした。

今回は、

ストレイテナー

ZAZEN BOYS

Czecho No Republic

 DJ後藤まりこ

リーガルリリ

赤い公園

クリープハイプ

teto

BaseBallBear

夜の本気ダンス

忘れらんねえよ

Awesome city club

を見ました。

 

f:id:pccityboy:20180909062621j:image

 

ストレイテナー

・DISCOGRAPHY

・Braver

・From Noon Till Dawn

・シンデレラソン

・The Future Is Now

・Melodic Storm

・シーグラス

 

シンデレラソングかっこよ過ぎる。ホリエアツシかっこよ過ぎる。最後シャングリラかサングリアかなんて言ってるんだと思って調べたらシャンデリオンでした。シーグラスの爽快感。

 

ZAZEN BOYS

・honouji

・Weekend

・COLD BEAT

 

この3曲はやってましたが、他は分からなかったです。生マツリスタジオからやってきました何度も聞けました。最後全員が楽器を持ったまま45度のお辞儀をしていたのがシュールでした。

 

Czecho No Republic

・Amazing Parade

・Baby Baby Baby Baby

・Electric Girl

・No Way

・好奇心

 

機材トラブルで25分くらい遅れましたが…久々に見るとやっぱり好きだなとなりました。僕はBAWDIESNICOチェコなど若手に押し出されつつあるバンドを応援します!!しかしギターの人が抜けたので音が薄くなったのが残念…!EDMにこれからは傾倒していきそう。

 

 DJ後藤まりこ

・sound of me

・好き、殺したい、愛してる

 

初めて見ました後藤まりこ!何かを惹きつける魔力がありました。途中でPAに「音うるさいねん!」と言ったり、照明のやぐらによじ登って飛び降りたりするなどやっぱり破天荒でした。

ずっと思ってたんですが地声も歌い声もYUKIに似てますよね。

 

f:id:pccityboy:20180909062608j:image

 

赤い公園

・Now On Air

・スローモーションブルー

・闇夜に提灯

・最後の花

・プラチナ

・消えない(新曲)

 

佐藤千明脱退、石野理子加入以降初めて赤い公園を見ました。声質的にはそこまで変わらないただまだ佐藤さんの方が慣れてる分好きかなあ…?ボーカルが変わるって難しいですね。フジファブリックみたいに新体制での曲が増えれば慣れると思います。頑張ってMCしてて、津野さん藤本さんが頑張れって応援してるのが微笑ましかったです。

 

そういやこの辺の時間でRGがDJステージに立ってて、その後の物販でCD購入者限定で1人ずつもらったお題とアーティストで即興あるあるやってて笑いました。いきものがかりで島根あるあるとか宇多田ヒカル荻窪あるある、浜崎あゆみ大田区あるあるとかやってました。笑

 

クリープハイプ

・5%

・鬼

火まつり

・ラブホテル

・イト

・栞

・HE IS MINE

 

5%、火まつりというフェスに適さなそうな選曲からの夏感ある曲と思いきや、桜散るをサビで連呼する栞… 栞ってそもそもコラボ用の曲なんでなんかクリープハイプっぽくない綺麗な歌で嘘っぽい、、、

 

teto

・Pain Pain Pain

・高層ビルと人工衛星

・36.4℃

・暖かい都会から

・溶けた銃口

・手

・9月になること

 

リハのPain Pain Painでいきなりダイブして音響さんが困惑してたのが面白かったです。tetoの曲ってリバーブがかなりかかっているんでそこも音源を再現して欲しいところでしたけど、もう暖かい都会からと9月になることが良すぎて…全員ロン毛の売れないバンドマンみたいな風貌が好きです。

 

BaseBallBear

・祭りのあと

・真夏の条件

・BREEEEZE GIRL

・short hair

・Tabibito In The Dark

・The Cut

・ドラマチック

 

平成最後の夏の終わりに贅沢なセトリ見してもらいました。 The Cut 3ピースver.は何度見てもかっこいいですね。小出祐介の新プロジェクト、マテリアルクラブもこんな感じがベースになるのかなあ。

 

夜の本気ダンス 

・crazy dancer

・Magical Feeling

・fuckin' so tired

・B!tch

・By my side

・TAKE MY HAND

 

安定の、そして間違いないセトリだったのではないでしょうか。

 

忘れらんねえよ

・バンドやろうぜ

・Cから始まるABC

忘れらんねえよ

・U.S.A.

・僕らチェンジザワールド

北極星

・ばかばっか

・寝てらんねえよ

・この高鳴りを何と呼ぶ

・踊れ引きこもり

 

昔の曲たくさんやってたので知ってるやつが多かったです。USAやったり、飲酒運転・ダメ絶対のコールアンドレスポンスやったり時事ネタ挟んできました。この高鳴りを何と呼ぶいいなあやっぱり。サポメンのベースとギターが女の人だったと思ったんですが、後で調べたらヒトリエのベースと突然少年のギターということで普通に男性だった。

 

Awesome city club

・WAHAHA

・Don't Think, Feel

アウトサイダー

・SUNNY GIRL

・8月とモラトリー

・ダンシングファイター

・今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる

 

atagiさんは真面目だし、ハンサムだしで最高でした。朝4時に縦ノリのオーサムの曲をクラップハンズやら手を振って見たりやらで楽しめるの至福過ぎないでしょうか。あさやけで終わると思いきや、今夜だけ間違い〜とは!この日を締めくくる最高の1曲でした。

 

f:id:pccityboy:20180909062551j:image

 

映画 「カメラを止めるな!」 感想

最近質問箱でみんな質問を募ってますね。個人的な趣味嗜好を語るのは全然いいんですが、もうそれが政治やら近頃のニュースについて雑に斬ったりしちゃってるのをみると「うわああやめてくれ…リアルワイドナショーをTLに持ち込まないでくれ…」と思うこのごろです。

 

そんなどうでもいいことより今話題の「カメラを止めるな!」について語るやつはいないのか?今年もここまで40回ほど映画館に通い詰めましたが、その中でダントツに面白い映画なので是非みていない人は見てみてください。面白くなかったら僕がお金を返しますので。そしてなるべく予告やネタバレなど見ないでください!というか絶対に見ないでください!!

 

f:id:pccityboy:20180818214928j:image

 

ということで自分は前情報全く入れずに行きました。まずワンカットでゾンビ映画を撮影するという攻めの試みに度肝を抜かれました。ただ所々無理矢理というか、違和感を覚えるシーンはありましたが、勢いがあったのでそこは問題なく楽しめました。あっという間に終わったので90分が短かったなくらいに思っていたのですが、そこから中編、後編がスタートいたしました。

 


まず構成が良いです。最初と最後を比較すると、ホラーから入って着地点はコメディ風という高低の付け方が恐ろしくうまいですし、エンターテイメントとして素晴らしかったです。

 


役者が全くの無名の方々で、どうやら映画専門学校のワークショップが発端だったようですが、みなさん素晴らしい演技でした。別に有名な俳優や監督が居なくても、優れた脚本とキャストがあればこんなにも面白いものができるんだと胸が熱くなりした。また、ストーリー自体が舞台の裏側的側面を持っており、キャストの皆さんの実際の立場とどうしても重なりそこもまたこの映画の真骨頂だなと思いました。

 


全くのハプニングと監督がおっしゃっていたカメラについた血飛沫を拭き取るシーンもいい意味で大雑把で臨場感を感じましたし、なんといっても後半の伏線回収の畳み掛けが素晴らしい。「え、こういう構成ってことはあのラストどうなるの?」と気になるばかりでしたが、その合間合間のシーン1つどれを取っても面白い。

 

これまで2回観に行ったんですが、1回目渋谷ユーロスペースに観に行った時は、終了後にヒロインの秋山ゆずきさん以外の監督含めたほぼ全員のキャストがサプライズで登壇して驚きました。しかも写真もどれだけ撮ってもOK、むしろSNSで拡散してくれということでした。こういう地道な努力やどんどん写真にしてあげてくれという呼びかけが口コミで爆発的に広まり、上映館2館から180館以上にまで広まった要因の1つなんでしょう。いまやトーホー新宿の1番でかいスクリーンでさえ連日満員御礼ですからね。

 

しかしこの映画を生み出してくれたみなさんには本当にありがとうと言いたいです。インフィニティウォーを超える映画は今年ありえないと思っていましたが、そんな想像をはるかに超えてくれました。あー、もう一回何も知らないまっさらな状態で見たい。

映画「万引き家族」 感想

f:id:pccityboy:20180604010946j:image

 

出演:リリーフランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優、城桧吏、佐々木みゆなど

 

三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21年ぶりとなる、最高賞のパルムドールを受賞した。東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることに。そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。息子とともに万引きを繰り返す父親・治にリリー・フランキー、初枝役に樹木希林と是枝組常連のキャストに加え、信江役の安藤サクラ、信江の妹・亜紀役の松岡茉優らが是枝作品に初参加した。

 

 

この映画を本当に理解するのにはかなりの時間と回数をかけないと分からない、いや実際100%理解できるのだろうかというのが率直な意見です。是枝監督は常に観る者にメッセージを投げかけてくるんですが、それは断定的なものではなくて、あくまでもこっちに委ねているんですよね。だから感想も人によって全く違うし、それがこの監督の素晴らしいところだと思います。

 

殺人、窃盗、誘拐、年金の不正受給など数え切れない程の犯罪を犯している「万引き家族」。当然この人たちは法律を破り続けているまごうことなき悪人です。ただ、そんな彼らの日常を観ていた僕たちは決して彼らを心の底から嫌うことができない。何なら人間らしくて、あったかくて、愛おしささえ感じます。世間的に見れば血縁関係もない集団が女児を誘拐し、加えて老婆を殺害したようにも見えますが、実際は児童虐待を受けていた子供を保護し、家族で支えあいながら和気あいあいと暮らしている集団なのです。結局誰がいい人間で悪い人間かなんて、世の中の誰1人分からないし、そんな区別や境界線は存在しない。外から見たら万引き家族は犯罪者の集まりでしかないですが、その中を覗いてみるとみんなそれぞれが心に優しさや愛情を持っている。あえて言ってしまうと、人間のずる賢い、悪い部分が犯罪という形に現れているだけ。当然許されない行為なんですけどね。自分たちが生きている社会もそういうもので、誰かにとってあの人はいい人であり、悪い人である。それが人間なんじゃないかなぁとこの映画を見て僕は思いました。

 

俳優陣も豪華。リリーフランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優ともれなく実力派として名を馳せている俳優さんですし、これだけの各年代のいい役者を選んだキャスティングにも感服。彼らがいたことによって、万引き家族のリアルな困窮さが存分に伝わってきたと思います。また、ジメッとした空気感をダイレクトに感じさせる古い日本家屋を再現した美術さんも素晴らしいです。

 

是枝作品はやっぱり面白いです。

いまオススメの音楽 2018年はこれを聴こう

最近うつ病拗らせた社畜日記と自己満映画レビューしか載せていないせいか本当にクソつまらないブログになってると思うので、たまにはいまオススメの音楽でも紹介したいと思います!

 

1.teto

この疾走感とコーラスかけたボーカル最高かよ!!酒入った状態で聴くと、もう脳からとてもいい成分がじゅるじゅると溢れ出してくること必至です!

9月になること、高層ビルと人工衛星とかもうこんなバンドを僕は待っていました、という感じです!

 

 

2.Lucie,Too

5億%売れるバンドです!みんな可愛い。最初のグリッサンドがカッチョよ〜

Luckyに限っては、ギターソロもなく2分くらいで終わるシンプルさがいいですね!

 

 

3.Rei

こんなにギター弾ける女の子そうそういないでしょ…歪みで誤魔化してるわけでもなく、ただただ上手い!!曲もキャッチーでいいですよ〜

 

 

4.SUNNY CAR WASH

カーストの低かった人達は共感できる。少しandymoriを彷彿とさせるような歌い方で、こいつらは裏切らないんだなあって安心感があります。

 

 

5.ネクライトーキー

KANA-BOONの盟友、コンテンポラリーな生活の2人がやっているバンド。ボーカルが少年マンガの主人公みたいな声でありそうでなかったタイプのバンドで自分は好きです!コンポラがマジで好きだったのでなんとか売れてくれ!

 

以上でございます。

みんなもオススメがあったら教えてください。

久々にかなり辛い

毎年、僕の会社というか部署では若手に大きなイベントの責任を任せて経験を積んでもらうみたいなことがあります。そこで今年はそれを僕が担当しているんですが、毎日残業がヤバくて23時半は当たり前で今日みたいに日付を超えることも多々あります。部長クラスと直接やり取りして社長や取締役にも発表するというかなり精神的にも体力的にも辛い日々を送っています。ただ、それでも滅多にない機会ですし、周りの社員さんも暖かい言葉をかけてくれるので頑張れていました。

でも今日ちょっと母から久しぶりに連絡があってかなりメンタルがやられましたね。僕のおじいちゃんとおばあちゃんはまだ頭は元気なんですが、体は思うように動かなくて施設に通っていたり、ヘルパーの方に手伝ってもらったりしながらなんとか生活をしています。そんな2人の最近の近況報告を母から受けました。結果はネガテイブなことでは決してなかったのですが、後何回会えるかも分からないのに、わざわざこんな苦しい思いをしに東京までやって来ることに果たして意味はあったのか?と自問自答してしまいました。自分にとって大切なものってこの目先の仕事なんでしょうか。もっと他に優先するべきことがあるのに…と考えていると久しぶりに涙が出てきました。終電で泣いてるやつまじヤバくないですか?

 

おわりです。みんなはホワイト企業に就職してくださいね。とりあえずGWは会いに行こうと思います。