読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きます

人生いろいろ

2016年私的映画ランキング

昨年はいい映画が多かったですね。とは言っても映画館で見たのは15回ほど、DVDで見た昨年公開の映画は5、6本ですがその中でも良かった映画を今日は発表させていただきます。

 

 

10位 ルーム

父親の手によって納屋に隔離された母子の物語。以前感想を書きました。まあー子役の演技がうまい。

 

9位 オデッセイ

論理無双で科学的に火星で生き残る方法を導き出しているところが面白い。何をしているのかよく分からないけれどすごいというヒカルの碁現象と同じ。

 

8位 君の名は。

老若男女に大人気の映画ですが実はストーリーが複雑。ツッコミどころはありますが、細かいところは気にせず背景の繊細さとRADWIMPSの音楽を楽しみましょう。

 

7位 ハドソン川の奇跡

ハドソン川に不時着し多数の人命を救った実話を基にしたノンフィクション。その輝かしい功績の裏で機長は審議会に不時着する必要があったのか嫌疑をかけられていた。

プロであることの自覚と誇りを持っていれば自分が起こしたすべての行動に責任を持つことができる。自分もこれからの人生で胸を張ってこれだと言えるものを手に入れていきたいです。

 

6 レヴェナント

レオ様かっこいい。ほとんどが雪山のシーンですが映像が非常に美しい。絶体絶命の死線を何度も超える主人公。復讐は時として個を動かす最大の原動力となりうる。とてつもなく濃度の濃い作品。

 

5 ドントブリーズ

盲目で1人暮らしの老人の家に泥棒3人組が侵入するも実はその老人は退役軍人で返り討ちに合い逆に命の危機に瀕する、という話。公開されている劇場は少ないですが、まだやってますよ。是非映画館で見て欲しい迫力満点の作品です。目の前にいるのに見えていない、見つけられていない状況を逆手に取った怖さ。

 

4 シビルウォー

まさにマーベルオールスターズ。劇場で見た頃は完全に理解できていませんでしたが、過去の作品を見てから改めてもう一度見ると気づく面白さ。僕はトニースターク社長が好きです。ドクターストレンジ楽しみです。

 

3 ズートピア

 

ズートピアでは草食動物も肉食動物も暮らしています。まさに人種のるつぼ。ディズニー映画は毛ほどもみませんがメッセージ性の強い作品だなと感じました。次のシリーズで今作を超えられるのかが気になります。

 

2 この世界の片隅に

戦争映画ではなく、あくまでも戦時中に生きた人を描いた映画。「また空襲かー」というセリフから何とも言えないリアリティと無情さを感じました。主人公のすずさんを演じるのんの訛り口調がまたいいですね。

 

1 怒り

冒頭から観客を釘付けにする怒りの血文字。そこから展開される3つのストーリー。怒りとは何か。相手に対する怒り、自分に対する怒り。仰々しく慟哭する映画は好きではありませんでしたが、この「怒り」はそれを裏付けるだけの理由があります。今年唯一複数回劇場で見た作品です。

 

 

以上です。

先日見たヒトラーの忘れものも2016年公開ですが、年が明けてから見たのでなんとなく外しました。

今年は80本くらい見たいですね。時間があれば。

 

ちなみにフィルマークスというアプリも使ってるんで良かったらフォローしてください!