読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きます

人生いろいろ

映画 「ファンタスティックビースト」「キャッチミーイフユーキャン」 感想

映画

①ファンタスティックビースト

 

f:id:pccityboy:20161215155506j:image

 

ハリーポッターシリーズを半分ほどしか見たことがなく、しかもストーリーの仔細まであまり理解していない僕のような人物がこの作品の感想を述べることですら甚だおかしいことではあるが、個人的にはファンタビ好きでした。

その際たる理由はやはり魔法動物に焦点を当てている点です。愛らしくてトリッキーな動きをする魔法動物達が魅力的。

ファンタビシリーズは5部作製作されることが発表されていますが、今回はその導入編でもありストーリー的には特に進展もありませんでしたが、その世界観の一片を見ることができたので概ね満足です。

主役のエディレッドメインは絶対いい人。

ヒロインの妹が可愛かった。

 

 

 

②キャッチミーイフユーキャン

 

f:id:pccityboy:20161215160313j:image

 

レオナルドディカプリオとトムハンクスがダブル主演の10年以上前の映画。高校生でありながら数々の人々を欺き、パイロット・医者・弁護士など数々の職業に成りすましたディカプリオを刑事であるトムハンクスが追っていくという逃走物。当然犯罪行為をしているのですが、どこかで次はどんな騙し方をするんだ?と思わず期待させられてしまう。事あるごとに頃合いを見計らって逃げ出してきたディカプリオにとってはトムハンクスが唯一の友達だったという点も興味深かったです。普通クリスマスイブの夜に警察に電話なんてかけませんよね。爽やかなディカプリオと味のある演技をするトムハンクスだからこそそのいい関係を醸し出せるのかもしれません。

そして、この映画の1番驚くべきところはこれが全て実話だということ。映画のモデルの主人公は今はその経験を生かし警察で小切手詐欺の権威として撲滅に尽力しているとのこと。

一度過ちを犯しても適材適所でその人が1番輝ける場所を用意するところがまたアメリカらしいと思いました。