読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きます

人生いろいろ

肉食酒場 pero

とにかく肉が食いたい、そんな欲求に駆り立てられ先日、福島の肉食酒場 peroに行ってきました。

f:id:pccityboy:20160405184035j:image
f:id:pccityboy:20160405184046j:image


f:id:pccityboy:20160405184500j:image
f:id:pccityboy:20160405184513j:image
最初はサラダと肉あて盛り合わせを注文。
一瞬オムレツかと思うほどの大きな卵がサラダの上に乗っかっていてびっくりしました。
肉あて盛り合わせの方は、パテドカンパーニュ、砂肝コンフィ、生ハム、豚肩ロースの燻製でした。
中でも、1番右のパテドカンパーニュは見た目はコンビーフですが、臭みのないしっとりとした味わいでした。パテドカンパーニュとは、肉類に香辛料、ハーブ類などで味をつけ、型に入れて焼き固めたものを、冷蔵庫で保存して、冷製のオードヴルとしたものらしいです。テリーヌのような感じです。

f:id:pccityboy:20160405220949j:image
f:id:pccityboy:20160405220959j:image
f:id:pccityboy:20160405221010j:image

続いて赤ワインと本命の肉料理を注文。
1枚目は黒毛和牛の肉寿司とフォアグラ軍艦です。僕は黒毛和牛の方をいただきました。最近、肉寿司をよく見かけるんですが、流行りなんですかね?普通においしいので、予算の兼ね合い次第では今後回転寿司でも並ぶかと思います。海鮮が苦手の子供でも食べやすいですし。現にもう並んでるかもしれないですが…
2枚目は炙りロース。ネギ塩とロースの肉汁が絡んで非常においしかったです。3枚目の牛すじ煮込みもグツグツに煮えたぎっており、一口含むと溶けてなくなりました。
そして合わせてチーズも。クリームチーズやパルメザンチーズなどなめらかでクリーミーで、肉の合間のいいアクセントになりました。

f:id:pccityboy:20160405222535j:image

そして最後は当店自慢の肉全部盛り。いやまあ誘惑に負けましたよね。ランプ、カルビ、サーロインが全部入ってるんですよ。最初はカルビとかサーロインの一品で我慢しようとしたのですが、何のために今まで節約してきたのか。看板メニューを食べずに次の店に行ってしまうのか。と考え出すともう終わり。全部盛りというフレーズの前ではもう誰にも僕を止められません。
硬すぎず、柔らかすぎない歯ごたえのある肉片を咀嚼する度に、今、自分は、この目の前の肉を全身全霊で味わっているのだという感覚に陥りました。