読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままに生きます

人生いろいろ

いろいろ

①録音

今日から録音アプリ使い始めました。
4年の終わりにもなるこのタイミングで。

今まではスマホのカメラのビデオ機能で音だけを撮ってたんですよね…笑
でもスマホの容量不足で最近録音できないことが続いてしまって悩んでました。
よくよく考えればアプリを取得するなんて誰でも気づくようなことですが…

自分のしょぼいところも意外といけてた??みたいなところも十二分に分かって重宝しそうです。
やっぱりこういう練習が一番上達スピードが速くなる気がします。

②ウーバー
ウーバーと言ってもウーバーワールドじゃないです。
テレビで今日知ったのですが、ウーバーというのは配車サービスの会社です。
電話すると数分で来るそうです。
要するに送迎タクシーです。
世界中300都市でサービスが行われており、東京でもスタートしてるらしいです。
ロンドンではタクシーよりも4割料金が安いそうです。しかも運転手はロンドン市内の数千本の道と数千個の建造物の位置を記憶させられ、厳しいテストに合格した人だけが運転できるそうです。
それに加えて抜け道や最短ルートもきちんと把握しているそうです。
すげー。


③目線
僕は3秒たりとも人と視線を合わすことができません。
目を見て話す人に対しては一瞬で目線を切り、少ししてからもう少し見ると相手はこっちの顔をまだ見てくれてて慌ててまた目線を外すということもあります。

よく「目を見るのではなく、鼻を見て話すと話しやすい」という話を聞きますが、そんな訳ないやん!
鼻見てる時点で目も視界に入ってるんや。
無理やわ。

では、なぜ人の目すらも見続けることができないか、そのことについて考えたことが何度かあるんですが、いまだに明確に自分の中でこれだという理由が見当たりません。
恥ずかしい、怖いというのも決定的な理由ではないです。
要するに、コミュ障やけどよろしくな!ということでした!

自分の過去の黒歴史ってなぜ定期的にフラッシュバックするのでしょうか。
サークルでの黒歴史は夏録、2回学祭のセカオワ、3回追いコンミッシェルあたりでしょうか。
夏録はリライトを披露したんですけど、まずドラムの○ニーのテンポが早すぎてまったく弾けませんでした。終始手元を覗き込むようにギターをガン見し続け、手もガクガク震えていました。僕はリードギターだったんですが、何もほぼ弾いてないです。うわああああ
2回学祭のセカオワでの思い出は、「ファンタジー」という曲で僕が一番が終わって2番がスタートするところで勝手に間奏を弾くモードに入っており、まったく歌わなかったので演奏がストップしてしまいました。頭真っ白ってこういうことなんですね。うわあわああああああ
3回追いコンのミッシェルは何故か僕のような声のものが、Thee Michelle Gun Elephantという最高にハスキーで声に太みや奥行きのあるボーカル、チバユウスケが歌うバンドをコピーしました。しかし、本人とは程遠い声で、超有名曲、世界の終わりでやらかすわ、何故かスーツが演奏スタイルやのに直前になってカッター1枚になるわ…でバグってました。この辺でもうやめましょう。過去は忘れよう。大切なのはいま。未来。